サプリメント通販のメリットとデメリット

サプリメント通販は数多く存在しますが、メリットとデメリットをご紹介いたします。 - サプリを飲むために、必要な栄養成分の所要量や理想的な摂取量の知識

サプリを飲むために、必要な栄養成分の所要量や理想的な摂取量の知識

日本人は特に健康に対する意識が強い民族だと言われます。だからこそ長寿が実現していることもあります。そして、サプリメントマーケットが拡大していることも、それを証明しています。私達の健康の基礎になっているのが、代謝がスムーズになっていることになります。代謝に問題があると健康を害します。今回は【サプリを飲むために、必要な栄養成分の所要量や理想的な摂取量の知識】についてまとめておきましょう。

円滑に代謝を行うためには……

朝昼夜の食事を摂取してカロリーがキチンと撮れないと代謝が乱れます。その結果として、生活習慣病になったりします。栄養素を補充するためにサプリメントを有効的に活用することが求められています。ポイントになるのは「どの程度の分量を補給するのか」です。
大事な数値は次の3つ言われています。
(1)所要量:欠乏症を防ぐために最低必要量
(2)理想摂取量:正常な代謝を行い健康維持できる量
(3)許容上限摂取量:薬理作用を期待して摂取する量

摂取量が少ない栄養素を補給するためにサプリメントを服用する

具体例として、ビタミンCを取り上げます。
理想摂取量は1日につき1000ミリグラムです。実際には、それだけの摂取量い至っていないでしょう。ビタミンCと言えば思い浮かぶのがレモン。レモンで補うこともできますが、何十個も食べないといけません。現実には無理です。
欠乏症になりやすいカルシウムも、食品摂取でカバーしようとすると、カロリーも摂取することになります。オーバーカロリーになることがあります。こういった場合にサプリメントを使います。これならば余分なカロリーを増やすこともありません。不足する栄養素を補給するのはサプリメントを使うのが、もはや常識になっています。

食事によってサプリメントの量も調整する

食事のメニューによって摂取できる栄養素の量を調整できます。厳密にすることはありませんが、大雑把に考えているといいです。和食中心のメニューだと炭水化物がメインです。きちんと代謝させるにはビタミンを多めに摂取するといいのです。洋食はコレステロールや脂肪が多いです。ファイバー・レシチン・DHAやEPAを多めにするといいです。和洋折衷の場合はプロテインとカルシウムを多めにとりましょう。

いかがでしたでしょうか?

食事メニューによって、ある程度サプリメントの摂取量を選ぶといいでしょう。いろいろなサプリメントが揃っていてリーズナブルなのがインターネットサプリメント通販サイトです。「アイサプリマート」は送料も無料ですし、キャンペーンでお得なサプリもあります。あなたが欲しいサプリメントも豊富な品揃えから見つかるでしょう。

関連する記事